布と手作り服・雑貨のお店”われもこう”のyukiです
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おばあちゃんコンビ | main | コーヒーフィルター >>
ワンコのこと

台風去っていきましたね。
コチラは思ってたほどの被害もなくでしたが皆様大丈夫でしたか?

昨日の朝はソッコーで散歩を済ませ帰ってから台風情報見ようとテレビつけたら



こんなん流れてて腰が砕けた。
一日中「カブトムシーあついなつ、なつなつなつなつ」と頭の中でぐるぐるしちゃって台風どころじゃありませんでした(笑)
夕方に近畿上陸だったので雨風の中、長女がオズさんだけ散歩へ。
最近は本犬も雨は嫌みたいで速攻でブツを出してくれるので助かります(。-∀-)ノ

犬を飼うこと

こんなことが全てではないけど。
昨日のdog's smileさんのブログを是非とも読んでいただきたいッ!!



画像click!

そう、そもそも何故に収容される子らがいるの?
「ウチはそんなことしないから関係ないわ」
でなくペットショップから迎えた子ならそのペットショップで売れ残った子は?
その子の親は?
と絶対に関係なくないと思うんです。

余談ですが保護犬の話をさせていただいた時に
「あー保護犬も考えたんですけどね。あんな沢山の中から1匹だけを助けるの選べないからやめました」
って何度か言われました。
で、結局ペットショップから迎えたと。

何だかなぁ………

話戻ってワタシは京都府民ですが実は京都の愛護センターのことはあまり知らない。
いや、他県のことも知らないけど。
知ってるのはオズさん迎えた京都市と亀岡市の境の峠にあるセンター。
今は京都市に新しく出来たセンターに統一されたと聞いたのでココは現在と5年前では役割が変わってるらしいですが。

オズさんは廃業ブリーダー持ち込みです。



唯一残ってるオズさんとセンターで初めて会った時の写真。
外でグレーチングに繋がれてました。



生きるチカラのない顔。
実際ワタシ達が近寄っても動かず目も合わせず。

今は



こんな表情や



こんな表情。

幸せそうに爆睡中(笑)

表情があるってことはココロがあるんです。
dog's smileさんのブログでも人と犬を一緒にしては不謹慎かも、と書かれてますがココロがある命に対する責任は家族として迎えたならば同じ。
人と同じように扱えというのでなくてね。

 

ココロある命が殺処分される、どこがおかしいのか?一つではないハズ。

思い考えていただけると嬉しいです。

がっつりワンコネタなので最後にわれもこうネタ書いとこ。



薄手黒リネン半袖ブラウス。
明日UPします(たぶん…)

 

 

dog's smileさんにはまだまだ本当の家族を待ってるワンコたちが居ます。




click!

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://waremoko.jugem.jp/trackback/696
TRACKBACK